プロミスの審査を受ける前にまず確認!知らずに申し込むと無駄な審査落ちに繋がります!

プロミスの審査を受ける前に

プロミス審査前に

プロミスの審査はネットで24時間受けられ、審査可能時間であれば最短30分の素早い回答となります。しかし、いくら回答が早くても通らないと意味が無く、プロミスの申し込みをする方の中には最低限の注意事項を守らずに手続きをしてしまったがために、審査落ちとなるケースも少なくありません。

キャッシングの審査は必ず通る必勝法のようなものはありませんが、逆に高い確率で審査落ちに繋がってしまう申し込み方法は存在します。NGとされる申し込みの方法を避けるだけで、まずは審査のスタートラインに立てるようになりますので、プロミスで借りる手続きを進める前に、まずはしっかりと確認をしておきましょう。

プロミス審査を受ける際の準備

プロミスの審査を受ける前、申し込みをする前に、以下に該当をしていないかを見ておきましょう。一つでも該当をしている場合には、結果は非常に厳しいものとなる可能性が高いので、プロミスでもどこでも、現状での申し込みは見送った方が良いです。

  • 他社利用中で返済が遅れている

プロミス以外のキャッシングの利用は、適度な範囲であれば問題はありません。しかし、現時点で返済が遅れていたり、または不足入金となっている方は、どこのカードローンでも審査にはまず通りません。

  • 年収に対して3分の1以上借りている

現状のキャッシング総額が、年収の3分の1以上となっている方は、プロミスを含む貸金業者からの借り入れは難しいです。例外的な貸付があるのも事実ですが、フリーで借りるキャッシングでは不可能です。

上記の何れかに該当をしてしまっている方は、プロミスでもどこでも、審査には通らないでしょう。「銀行なら総量規制の対象外」と言われ、たしかに事実ではありますが、例え銀行であるとしても既に年収の3分の1以上を借りている方に対しては、新規での融資はほとんど行いません。

他社に借り入れがあるとしても返済は正常に行われている、年収に対するキャッシング利用も無理のない範囲である、そして安定した収入があれば通過出来る可能性はありますが、以下にも十分に注意をしておきたいものです。

  • あれこれ申し込みをしない

申し込み履歴は信用情報機関に半年間記録されるため、どうしても借りたいと焦って複数のキャッシングに同時期に申し込むと、履歴が蓄積されて審査で大きく不利になります。申し込みは複数に同時には行わず、しっかりと選んで利用先を絞ってからにしましょう。

  • 虚偽の内容で申請をしない

他社借り入れを少なくしたり、年収を多く入力するのは、審査でただただ不利になるだけです。虚偽内容の記載で借りられるほどキャッシングは簡単ではありませんので、正確に正直に、よく確認してミスや入力漏れも無いようにして申し込みを進めると良いでしょう。

▼意外と多いミスによる審査落ち

  • 申し込み内容はよく確認をする

プロミス審査でNGとなるケースで意外と多いとされているのが、「申し込み内容の不備」によるものです。虚偽の記載をしたつもりがなくてもミスをしてしまい、虚偽と取られて落ちてしまう場合があるのです。

本来であれば借りられたかもしれない方も、急ぎで焦って入力をした際にミスをしてしまい、結果として審査落ちとなってしまうのです。正確に入力すれば借りられた可能性があった方も、申し込み内容の不備によってNGとなるのは勿体無いので、急いでいるときこそ、送信前にしっかりと確認をして下さい。

よく確認してプロミスに申し込み

プロミス
公式サイトで詳細を見る
第0位

プロミス

★★★★★

ネット申し込みで審査回答は最短30分の、急ぎの借り入れに適するカードローンキャッシングです。

実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
平日14時までにWeb上でのキャッシング契約完了で、最短即日の振り込み融資の利用も可能です。曜日や時間が限られるために自由度は高くありませんが、来店不要で申し込み当日に借りられるのは大きな利点です。また、14時を過ぎてしまった場合や土日であれば、ネット審査を終えた後にプロミスの契約機を使うと良いでしょう。契約機なら土日も営業をしていますので、最短即日融資も可能となるのです。

プロミスの審査は9:00~21:00の間であれば、自動審査で1秒回答となります。その後に正式な審査結果の連絡となりますが、まずは早くに審査結果を知りたい方にとっても、プロミスは頼れる借り入れ先となります。

Web契約でも契約機を使う手続きでも、どちらでも最短即日融資も可能なプロミスなら、急にお金が必要になった方でも安心です。ネット申し込みなら土日も審査を行っており、審査回答後の手続きはそのままWeb上でも、または契約機で進めるかを選べる場合が多いです。

来店不要で借りたいならWeb契約、より早くにカードを受け取りたいならネット審査完了後の契約機利用が便利ですが、プロミスでは指定の銀行口座をお持ちの方であれば、更に早い振り込みによるキャッシング利用も出来るようになっています。

瞬フリで24時間最短10秒振り込み

通常の銀行振り込みによるキャッシングは、平日の銀行営業日に限られます。しかし、プロミスでは独自の振り込み融資サービスを設けており、曜日や時間が不問となる24時間最短10秒での銀行振り込み融資を実施しているのです。

★24時間最短10秒振り込みの「瞬フリ」

  • 土日でも契約機まで行かずに借りられる

プロミスだけの瞬フリは、ジャパンネット銀行か三井住友銀行の口座をお持ちの方が利用できます。契約後の会員専用メニュー上から口座の登録ができ、登録完了後であればいつでもメンテナンス時間等を除けば、すぐに振り込みでのキャッシングが利用出来るのです。ただ、口座の登録は22時までとなっているため、借りるのが22時以降になるとしても、とりあえずは口座登録だけを済ませておきましょう。瞬フリについては、詳しくはプロミス公式サイトでご確認下さい。

他社のカードローンでは土日や夕方に借りたい場合には、ネットで申し込みをした後に契約機まで行かなければなりません。プロミスでももちろんネット申し込み後の契約機利用も可能ですが、瞬フリの指定口座をお持ちであれば、より手軽に素早く借りられるのです。

急な出費ですぐに現金が必要な方も、来店不要で借りられるプロミスのキャッシングは、困ったときに大変助かる頼れる借り入れ先となるのです。

Web契約で注意をしておきたい点

来店不要で手続きが出来るプロミスでのWeb契約の際には、カードの受け取りには十分に注意をしておきたいものです。契約機を利用するならその場でカードや契約書類を受け取りますが、Web契約では後日の郵送となるため、特に指定をしていない場合には自宅宛にプロミスのカードが送られてきます。

封筒にはプロミス名は記載されていない本人限定受取郵便となりますが、届いたカードで家族に借り入れが見付かってしまうケースも少なくはありません。そこで、Web契約の際には郵便局留めでの対応が出来ないかをプロミスに相談をしてみましょう。

  • プライバシーが守られる受け取り方法

郵便局留めは、その名の通り郵送物を郵便局で一時的に保管をしてもらい、後日に郵便局の窓口で受け取る方法です。もちろん費用はかかりませんが、10日間を過ぎると差出人であるプロミスへと戻されてしまいますので、忘れずに受け取りに行くようにしましょう。

郵送物が届いたとする通知も自宅へはされず、郵便局留めで何かが届いていることは、受取人にしか分からないようになっています。Web契約時の大きなデメリットであるカードの自宅宛の郵送も、郵便局留めを使えば誰にも知られずに受け取れるようになりますので、対応が出来るかをプロミスに相談をしてみましょう。

キャッシングは計画的に使う

  • ◆借りすぎてしまわないために

プロミスのカードは限度額の範囲内であれば、自由に繰り返し利用が出来るようになっています。何度でも限度額がある限りは使えるため、よく考えて借りるようにしないと借りすぎてしまったり、無駄遣いに繋がる可能性もあります。なるべくなら無駄なキャッシング利用はしないようにし、計画的に返済を第一に考え、適度な借り入れに留めるようにすると良いでしょう。

トップへ戻る